うさぎさんを迎えたら

うさぎさんがやってきました。

飼い主さんもうさぎさんも新しい環境にまだ少し戸惑っているかもしれませんね。 小さな新しい家族と楽しく快適な暮らしを始めるために少しだけ注意して頂きたいことがございます。初めての場所でうさぎさんは少し緊張ぎみです。連れて帰った初日はペレットと牧草、新鮮な水をセットしたケージに移し、落ち着けるようにそっとしておいてあげてください。牧草をたっぷりめに敷き詰めたりすると安心できます。かわいさのあまり覗いたり、触ったりしたいところですが今日はぐっと我慢してくださいね。

うさぎさんが来て翌日

まずは糞がきちんと出ているかどうか確認です。丸いころころの糞がたくさん出ていますか? 下痢などしていませんか?また、ペレットはしっかりと食べているでしょうか。お水もきちんと減っていますか? お水が減っていない場合は給水ボトルからお水が出ているかどうか確認してください。 ご飯も食べて糞もたくさん出て元気にしているようならまず大丈夫です。 もしもしょんぼりして元気が無くご飯も牧草も食べていない場合や下痢などをしている場合は すぐにご連絡ください。 ご飯もしっかり食べて元気な様子でしたら少しずつ一緒に遊んでみましょう。

まずは飼い主さんとのコミュニケーションです。

飼い主さんことを覚えてもらうためにケージから出すときにケージの扉を開けてうさぎさんが こちらに気付いたら手のにおいなどを嗅がせて名前を呼びながら優しく頭を撫でてください。うさぎさんは目を開けて寝ていることもありますので必ず起こしてからうさぎさんに触るようにしてください。 そして、少し落ち着いたらそっとしっかりと抱っこしてケージから出してあげてください。 抱っこをするときはうさぎさんがこちらを向いている状態でしてください。 うさぎさんはなんでも齧って遊びます。時には齧るだけでなく食べてしまうこともあります。 うさぎさんが遊ぶ場所にはかじって危険なものは置かないようにしてください。また、少し高い場所に上がるのも好きです。でも降りるのは苦手です。調子よく登ったのは良いけど降りられなくなって立ち往生したり無理をして飛び降りて怪我をすることもあります。なるべく高いところに上ったり飛び降りることは覚えさせないようにしてください。ケージから出して遊ぶときは注意して見てあげて下さい。 最初は短い時間から遊んでください。ある程度遊んだらケージに帰します。ケージから出すときと同じようにそっと頭を撫でてうさぎさんが落ち着いたらやさしくしっかりと抱っこをして頭をこちらに向けてお尻のほうからケージに帰します。頭をケージ側に向けるとうさぎさんは慌ててケージに入ろうとし暴れることが多いので危険です。 おつかれさまでした。

うさぎさんが環境に慣れてきたら

繰り返し遊ぶことでうさぎさんもだんだんと新しい環境に慣れてきます。遊ぶ時間帯などを決めて規則正しい生活をしていくとうさぎさんも生活パターンを覚えてくれるのでストレスを減らすことができます。逆に好きな時に遊ばせているといつも出してもらえると思ってしまうので返ってうさぎさんにはストレスになってしまいます。 注)成長期(生後約3~6ヶ月頃まで)のうさぎさんはペレット、牧草共に食べ放題です。(朝から晩まで食べられる状態)この時期にフードを制限してしまうと成長不良など健康上悪影響が出る恐れがあります。しっかりと食べさせてあげてください。 ティモシーの1番刈りをどんどん食べてもらいましょう!

2014年09月06日 | Posted in うさぎの飼い方について | | Comments Closed 

関連記事